ゲームを作って販売する一見すると難しそうな仕事ですが

難しそうな仕事 ある程度パソコンのプログラミングなどが得意な人であれば、自分でゲームを作ることもできます。 そして、その自作ゲームを販売して利益を得ている人もいるのです。 副業として取り組んでいる人もいますし、得意な人ならやってみる価値があるかと思います。

ただ、ゲームを作って販売するなんて、凄く難しそうなイメージがあるかもしれません。 もちろん、パソコンの様々なスキルはもちろんですが、デザイン力や表現力も求められます。

しかし、本格的なゲームを作るわけではなく、あくまでアプリやプラウザのゲームを作るわけですから、そこまで高難易度ということはないのです。

気軽に遊べるアプリやプラウザゲームを欲しいと思っている人もたくさんいますから、いろんな人に需要があるのです。 もちろん、1作あたりの販売金額も、数百円程度と安くはなっていますが、多くの人にダウンロードしてもらえれば、結構な収入になるのです。

しかも、一度ゲームを作ってしまえば、後はちょっとした動作の確認を定期的にするだけでいいので、不労所得のような形で収入を得ることもできるのです。 コストもあまりかかりませんから、たとえ売れなかったとしても、ほとんど赤字になることもないのです。

もしかしたら、ゲーム会社に目をつけてもらえる可能性もありますし、そうなれば有名ゲームの開発に携えるかもしれないのです。 いずれにしても、まずはお金のことはあまり気にせず、趣味の一環としてやってみるのもいいでしょう。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ